ホーム > コミュニケーション > いい人間関係が築けるように

いい人間関係が築けるように

子どもの時機から人見知りなので、誰とでも友人になれるような子どもではありませんでした。なので、周囲からはとっつきにくい子供と思われていたかもしれません。一度仲良くなってしまえば障害はないのですが、それに行くまでが全くしんどいのです。人見知りである誘因の一個に、入用以上に相手方のことを考えてしまう習慣があるのです。一目すると正しいことのように聞こえますが、私のケースはその人の意志を軽んじした自分身勝手な作意で決めつけてしまうので、なかなか面倒なタイプだと思います。

それでも、今は過去ほどめんどうではなくなったと思います。親しくなるのはウイークポイントでも、金井式のあがり対策の方法で話すこと自体は抵抗がなくなってきました。それでも、やはり真新しい勤め口につくことがあると、本当に重苦しくなります。また新しく人間繋がりを気づかなければいけないと、心がすり減らす思いがしました。年月はかかるけれど、それでもいい人間関係が築けるように頑張っています。人見知りだからと逃げていたら、いつまでもいい人間関係なんて築けませんからね。ゆっくりですが、自分の歩みで頑張っていこうと思います。


関連記事

  1. いい人間関係が築けるように

    子どもの時機から人見知りなので、誰とでも友人になれるような子どもではありませんで...

  2. ささいな価値観の積み重ね

    例えば、深層心理で『ちやほやしてほしい』という女性がいたなら、ちやほやしてあげれ...