ホーム > 外国語 > 母音と子音どちらが大事か?

母音と子音どちらが大事か?

「母音と子音どちらが大事か?」ですが、
酒井一郎先生は、母音がとても大事だと言っています。

発音矯正のトレーニングをすると、
子音は一通り、意外と早くマスターできます。

ただ、正しい母音の発音方法を習得するには、時間がかかります。

「日本語訛り」が強くなってしまったり、「日本語英語」に
なってしまうのは、母音を上手く発音できていないからです。

日本人が英語を話す時に、上手な英語を話す人は、母音の発音が上手です。

英語の母音は、日本語の母音よりも長く発音するということを覚えておいて下さい。

母音を短く発音すると「日本語英語、日本語訛り」になってしまいます。

酒井一郎先生は、「キーサウンド」という言葉を使います。

キーサウンドとは、日本人が英語を学ぶのにとても大事な音のことで、
キーサウンドは、全て母音です。

キーサウンドが全て母音であることからも、正しい母音の音を
学ぶことがいかに大事であるかがわかります。

音読学習や、シャドーイング学習を
する前に、正しい発音を身につけておくことをオススメします。

間違った発音のまま、音読をしていると、間違った発音が体に染み付いてしまい、
後で矯正するのが大変になります。

発音矯正をし、リスニング力を身につけるのに、
私がオススメしているのは、下記の教材です。

酒井式Simple English(シンプルイングリッシュ)の完全レビュー