ホーム > 就活 > 企業は新卒が欲しい

企業は新卒が欲しい

就職活動している方は、就活で絶対に後悔したくないと考えていることでしょう。

企業としては、卒業をして3年以内は第二新卒扱いになっていますが、これは就職出来なかった学生や志望企業に入れなかった学生にもう一度チャンスを与えようと言う考えですが、実際のところはどうなんでしょうか?

 

これは、新卒が有利でしょうね。と言うのも企業は留年などもしないで、きちんと卒業できた新卒が欲しいのです。企業側にしてみれば第二新卒は中途採用と同じ扱いになり、3年というのも、仮に他社に就職しても、それほどその会社の色に染まっていないという年数ということだけです。

 

仕事ができ、やる気のある人材をを、企業が新卒より欲しがっていると勝手に思い込んでいる人もいますが、違うのです。

企業の担当者はあくまで新卒を優先し。まっさらな人材に企業カラーを染み込ませたいとかんがえているのです。

したがって、もし就活が上手くいかず、留年をあえておこない、同じ企業に再チャレンジするような場合は「御社に入りたかったので留年して再トライしました」と気持ちをしっかりツ伝える必要がありますね。

 

ですが、新たな企業に初めて挑む場合は、留年した理由を「就活に失敗した」ということは決して言ってはいけません。

その理由だけで落とされてしまう可能性があるからです。

ただ、企業にしてもそれなりの理由があるから就職できなかったのではと思うので、留年をした理由をきちんと考えておくことが大切です。

東大式・内定獲得術


タグ :